2019-10-08

スポンサーリンク
Uncategorized

60㎏の朝

千円札にもなっているのに、夏目漱石を読んでいなかった。「こころ」ぐらいだ。だが先日「三四郎」を読んで印象が変わった。「こころ」はものすごく繊細なお話だ。Kの儚さ、純粋さと、先生の汚さ、醜さ、人間臭さの対比。でも三四郎はブログの延長みたいな...
スポンサーリンク