ネット関係を整理する

Uncategorized

去年実家に帰った時に引いたADSLを解約した。そして、ライダーハウスに引いていた光回線も解約する。違約金は取られるが、勢いのあるうちにやらなければいけない。先日、兄に「どんなときもwifiってしってる?」と言われ、実際使わせてもらったらこれがいい感じで、もう光回線も必要ないのだと悟った。じゃあ、ネット関係を整理しようと思ったのだ。

1人で使うなら、これで十分だ。使い放題で、通信制限もないし、もう有線でハイスピードなネット環境を追い求める時代ではないのかもしれない。たとえば、デスクトップPCじゃないとできないことって、ゴリゴリの動画を編集するか、グラボ必須のゲームをすることぐらいじゃないか。車だって、最高の性能を追い求めるのは少数で「まあ、これくらいでいいんじゃないの?」というところがメインに売れる。

月3500円ぐらい、これで、どこでも仕事ができる。A8のセルフバックを使えば5000円もくれるってことで決定した。ちょうど休みだったので、朝から解約の電話をする。実家のヤフーBBADSLはあっさり終了。フレッツ光はちょっと時間がかかった。プロバイダも解約しないといけないしね。プロバイダに電話する。「いいんですか?メールアドレスも使えなくなりますよ?」と言われたけど、プロバイダー提供のメアドをメインに使っている人ってどれぐらいいるのだろう。さらに「ポケットwifiの速度が遅かったら、元に戻すには工賃がかかりますよ」とのこと。もちろん、覚悟の上だ。

プロバイダ、どんな仕事なのだろう。でかいサーバーがででんとあるイメージだけど、wifiが発達したら、ケータイキャリアに食い扶持を奪われるのではと思う。きっと、どんなことにもあるのだろう。新しく生まれ、大量に生産され、陳腐化する。もしくは新しい技術に圧倒される。未来永劫にわたって、変わらないものなどないのだ、覚悟しなくちゃいけない。

いまの仕事だってそうだ、何時までもあると思ってはいけない。砂のように足元はぐらついていく、大切なのは「ぐらついてんな」と思ったら、えい!と次の場所にジャンプする覚悟をすることだ。ぐらついている足元に、いつまでもこだわってはいけない。

Uncategorized
スポンサーリンク
シェアする
hatinoyadoをフォローする
元ライダーハウス蜂の宿管理人のブログ

コメント