アリエクスプレスでスマホを買った

Uncategorized

仕事の休憩中に先輩がスマホを買うか迷っていた。ガジェット類に強い人で、話を聞いていてもちんぷんかんぷん。「スナドラの855がこの価格だぜ」(cpuスナップドラゴンの能力がいま最も高いという意味)なんのことでしょう?

スマホかあ・・そんなに使ってない。ゲームしないし、ブラウジングもしない。ツイッターを見たりするぐらいだけど、カメラ性能だけはもっといいのが欲しくなっていた。いや、スマホのセンサーサイズで期待はあまりしてはいけないのだけど、いまの先端技術でかなりのことが出来るようになっているっていうじゃない?今使っているzenphone4MAXはキレは無いけど体力はある。1年以上使って、いまだ2日以上バッテリー持つしね。

先輩オススメのスマホはOPPOというブランドのいわゆる中華スマホなんだけど、筋肉モリモリ、機能バリバリ、でも安い。フラッグシップモデルで5万以下。お!と思ったのでも3万ほど。でも、3万かあ・・

そこで独身の日ですよ。あのアリババから輸入できるアリエクスプレスの存在を先日知った。検索してみる。「えー!OPPOのスマホ(realme Q)が2万!?」ということで購入決定。一番の理由は「アリエクスプレス(以下アリエク)を使ってみたかった」というもの。だけど、ここからが長かった。

アリエクのサイトでドメインを作るのは簡単なんだけど、問題は支払い方法。自分の楽天カード(JCB)が対応していなくて困った。方法を調べてみる。プリペイドカードで支払いができるみたい。コンビニでチャージできるのがVプリカというVISA系のモノで、そこにもドメインを作る。

そして、ネットバンキングで仮想プリペイドカードを作ろうとするんだけど、ここでも楽天銀行がはじかれてしまった。残る方法はコンビニで買うっていつものやつだけど、手数料が2万円分で1000円ほどかかってしまう。しかも、千円ほど余ってしまうのだ。

ぐぬう、しかたない、買うかとコンビニで購入。アリエクのサイトからアリペイという所に行くんだけど、これが分かりにくかった。もう一回行けと言われても、どうやればいいのかわからない。なんとかアリペイの設定画面に入る。

そこで、英語で必要事項を打ち込むんだけど、それが不安定で入力に手間取った。パスワードを設定したり、設定しなかったり。しまいにゃ「3時間後にもう一回やって」と赤字で表示させられるします。

良いからやれよと、もっかい打ち込む。すると3時間後でもないのに、Vプリカが認識された。はー、そしてやっとのこと、アリエクで「OPPO realme Q」を購入した。疲れたけど、これで1万ほど安くなった。でも、これからも問題はある。

・うまく配送されるのか

・simカードがちゃんと刺さるのか

・googleshopを手動でインストールできるのか

など。結構ドキドキしている。でも、新しいことが出来たので満足。いい経験だった。

Uncategorized
スポンサーリンク
シェアする
hatinoyadoをフォローする
元ライダーハウス蜂の宿管理人のブログ

コメント