たまにはネットを切るのもいい

ネットなし生活も1週間、正直、キツいっす。仕事が出来ないし受けられない。すべて言い訳にすぎないかもしれないけど、頭がどんどん悪くなっていくのを感じている。ただ、その代りに集中力が回復してくるのを感じている。便利さを失い、選択肢を無くせば、それしかないって道だけが残るようだ。ついでに視力もちょっと回復している。

真面目な話

コロナ不況でどれほどの失業者が生まれるのだろうか?こんな状況で自分が出来ることは無いだろうか?パッと思いつくのはライスセンターへの派遣だ。去年もやったように、友人を泊めて、費用をワリカンする方式。これなら失業者の受け皿として、誰かの役に立つことが出来る。

だが、あまり密接な状態にしてしまうと、ライダーハウスが集団感染の場となる恐れがある。それだけは避けなければいけないし、この閉鎖的な空気でライダーを集めるのは近所の目が気になる。ああ、もっと田舎の物件が欲しい。それは望みすぎなのかもしれないけれど。

コロナの影響で免疫力がアツい。免疫力の向上はよく食べ、よく運動し、よく笑うこと。それって、ライダーハウスじゃないかと思うのだが、どうなのだろう。いま、俺は無職で時間がある。夏までにできることを探るべきだ。

読書:性の被害と加害とリビドーとオナ禁

図書館に行って6冊ぐらい借りてきて、その日のうちに3冊ほど読んだ。そのうち1冊が性暴力被害者の本で、先日傍聴した15歳家出少女の事件から興味があった。読んでいて吐き気がする。この被害者は犯人も不明なまま、何年も戦っているのだ。

フラッシュバックと吐き気に悩まされながら、被害者としてサポートする立場に立っている。とても強い女性だ。さて、私が傍聴した15歳はこの著者のような強さを持っているのだろうか?事件背景が違うとはいえ、一生心に残る傷になったのかもしれない。同じ男として、加害者に気持ちを重ねてしまいがちだが、これは反省するべきだろう。私はスーパーアウトドアオナニストとして、リビドーに苦しむ男子達を正しい方法で昇華させるべきなのだ。

って思ってたら「し過ぎは免疫力の低下になるよ!」というツイッターがあった。まっさかあ!!とおもったら、精子に含まれる亜鉛が日本人には欠乏している成分なんだって。亜鉛は免疫力の向上になるから、オナニーし過ぎ→免疫力低下という論法。ただ、精子内の亜鉛なんて大したことない量だから気にすんなって話!

それよりも亜鉛喰え!亜鉛!!しらべてみたら、ぶっちぎってるのが牡蠣。つまり、牡蠣くってオナれ、それが私の生きる道なのだ!と開眼したのでした。ここは近場の温泉浴場。wifi飛んでて最高です。やっぱりインターネットは生きる糧だねえ・・

んーナイスファイッ!!

コメント