美瑛と富良野のライスセンターの季節労働について

Uncategorized

毎年派遣する立場でしたが、去年からライスセンターで働かせていただきました。この仕事は日本一周中にお金を稼ぎたい人、コロナ不況で仕事が見つからない人、ブラック企業でメンタルが疲弊している人にお勧めです。そこで、美瑛と富良野のライスセンターの仕事を勝手に紹介させていただきます。
・退職して一度地元を離れて働いてみたい
・短期間でガッと働いてぐっとお金を稼ぎたい
・人口密集地から離れてのんびり働きたい
などの人におすすめ。働く部署や人によって違いはありますが、だいたいのイメージをお伝えできればと思いこの記事を書きます。

ライスセンターとは

全国各地にある農協の倉庫です。生産者が作った米や麦を受け入れて軽量し保管する施設です。機械化がされており、人間の単純な腕力が必要になることはほぼありません。

雇用形態による違い

農協と契約するのではなく、派遣会社など最近はほとんど間接雇用になっているとおもいます。農協と直接契約できるほうが、いろいろ便利な面があるでしょう。その代り、求人窓口が不明だったり、寮などが無かったりします。

私のいた美瑛でも派遣会社から来た人が半分ぐらいでした。富良野では子会社のような存在がありますね。

株式会社アグリプラン | 公式採用サイト【寮完備!農作業バイト募集中】
アグリプランは、北海道のど真ん中の『富良...

この寮にすんでいる女の子と話したことがあるのですが、とても快適らしいです。

寮のあるなし

季節労働者向けに、農協が用意している所もあります。ライダーハウスやキャンプ場から仕事に行く人も少なくありません。問い合わせしてみる価値はありですよ。

時給

1000円が一般的ですが、1500円を出す農協もあるようです。

資格

資格は何もなくても大丈夫ですが、フォークリフトがあれば歓迎されます。

仕事

トラックの誘導「バックオーライ」と簡単な機械の操作がメインでした。誰にでもできる仕事ですが、忙しい時は帰れなくなってしまうこともあります。あとホコリがどうしても舞うので、マスクをつける仕事になりますね。シャワーを毎日浴びてました。

期間

農繁期になると労働需要が高まるため、かなり自由にアレンジしてくれます。先ほどの富良野では4月から10月となっていますが、美瑛では7月後半から忙しくなります。この機関なら1か月でもかなり感謝されるでしょう。がっつり働けば30万以上の月収になるはずです。

求人を探す方法

ネットで検索してみたのですが、あまりヒットしませんでした。やはり直接電話するのがベストかもしれません。派遣会社などを通すのもいいですが、ブラック派遣だった場合、ライスセンター以外の仕事を割り振られてしまうこともあるでしょう。各JAに「ライスセンターの季節バイトを探しています」と電話して、期間や時給などを問い合わせるのが、いちばん手っ取り早いです。

まとめ

ライスセンターと生産者は密接に関係していて、無くてはならない仕事です。この不況で多くの仕事が無くなったり、人件費を削減することになるかもしれませんが、食べ物を作ることにかかわる仕事はこんな時強いです。

一時しのぎの仕事を探していたり、やりたいことの為にお金を稼ぎたいなら、こんな季節労働がおすすめですよっと。

最後に、youtubeで動画を探してみました。どこも大体こんな感じでしょ。

コメント