タンジェント高木のどすけべスノー

食べ残したメロンパンを培養して第二のメロンパンを産み出そうとしている皆さんこんばんは!あなたの忍、タンジェント高木こと忍者服部料理学校校長先生です。「てめぇ、2度目はないぞ」と新進気鋭の武闘派ヤクザにおどされて、セカンドライフの世界から飛び出せ青春!デジタルの世界では感じられなかった風、それは春と桜とせせらぎの匂い。売春女子高生とコロナおじさんの匂い。ひも理論と伸縮宇宙論の匂い。あふれるお花畑に頭がやられちゃって、カップルで日本一周しちゃう春がやってきましたね。

雪が降ってきて、解体の手もとまりました。そもそも、何で解体してるんだっけ?とおもったんだけど、ただのきっかけが「車止めて良いですか」って人が来たから。じゃあ、少し綺麗にしようと思ったのよ。それに春だし。

暖かい。体が動く。虫も湧いている。空も青くて、空気がきもちいい。ライダーハウスの周りには新築の家がにょきにょき生えてきて、せっかく自分が一生懸命に地価を落としているのですけど、ダメみたいす。世界的な不況が目の前にやってきているというのに、なんなんだこれは。じゃあ、キレイにしよう。この怪しい建築物を満足に使えないのなら、こわしてしまえ、ホトトギス。ここにきて1年目から、稼いだわずかなお金をすべて木材にして作ったナイスな建築物。考えに考えた強度を落とさずに雨を防げる最適な答え。心血がそそがれている。それを壊し始めた。

本当だったらもっと早くにやっていたかったけど、ここまで動かなかったのは年齢による体の衰えもあるけど、やっぱり名残惜しかったのです。体がフリーになった12月から4か月。1冬かけてお別れよ。心の準備ができたこの春、きっかけはそんな駐車したいって他人なのね。

他人こそが、自分を作る。テレビやスマホの向こう側にいる人は、自分に何も影響しない。見つめあわないし、かじりつけないし、殴り合えない。罵り合えないし、バカにしあえない。マウントもとりあえないし、愛し合えない。

だから、壊す。1か月もかからないだろう。本宅は大家さんの持ち物だから手を出せないとして、自分が作ったところは壊す。さよなら、とお別れを告げる。楽しい人たちがたくさんやってきた場所よ、さようなら。他人への想像力を失った、拝金教の正義の使者に僕は負けます。屋根を落とす。ばりばりばりばり!抜けなくなった釘ごと落下する。思ったよりも腐っていて、それでいて頑丈だ。普通の建物に比べて断トツに軽いから、倒壊のリスクは少ないのだ。それを説明する気は無い。さようなら、誰にでも作れるけど、俺にしか作れない建物よ。

雪が降っている。水分が多くてまとわりつくから体温が奪われる。いやらしい雪だ。「どすけべスノーだな」と言ったら、それがなんとなく面白かった。

コメント