残りの人生で

いま41歳(とおもったら42歳だった)残りの人生を逆算する時期にきている。父親の大病が55歳だったので、それまで10年ちょっと。何かをするには短いけれど、なにもしないには長い時期だ。10年を何に使うべきか?それを考えている。

30代を捧げたライダーハウスと居酒屋の仕事は最高だった。できれば40代でもやっていきたいけれど、社会情勢はゆるしてくれないだろう。居酒屋も、ライダーハウスも、今年からどう変化するだろう。

どうなるかなんて誰にもわからないし、なんとか生きていくしかないんだよね。というわけでなんとかキレイにしたライダーハウスのなかで、ssという漫画を読んでいました。

おっさんたちのスペシャルステージ。これ、初めて読んだ時は20代の時で、さほど響かなかった。だけど40代になって読み返してみると、沁みるんです。人生にはどうしてもどうしようもないことがあって、それは後悔とかあるかもしれないけど過ぎた過去は取り返せない。気持ちはそのまま自分によって押し殺されて、体の奥底でもがいている。わかっているんだ。もうどうしようもないんだ。あきらめてしまえば楽になる。経済的にも、社会人としても。でも、経済とか社会人としてとかとは別の次元で、大切なことがあるんだ。それは殺したはずの気持ちとつながっている。気持ちを無視することがりっぱな大人となるのだけれど、果たして俺は立派な大人になりたかったんだろうか。なれたのだろうか?りっぱな大人に。その答えをもっているのは自分じゃなくて、きっと他人なんだと思う。だから俺は残りの人生を他人の為に使いたい。自分なんて、べつにどうだっていいのだ。

コメント

  1. けい より:

    はじめまして、季節労働者のけいです。美瑛町のとうもろこしのバイトを探していてこのサイトにたどり着きました。あてが無いのですが、どこに応募すればいいのですか?

    • hatinoyado より:

      はじめまして、コメントありがとうございます。とうもろこしのバイトはちょっとわからないです。農協などに問い合わせてみてはいかがでしょうか?お力になれずすいません。